日本料理

日本料理の食べ方を考えて、糖尿病の改善に取り組むべきです。

日本料理は、宴会等で多く出ます。


宴会などで出る日本料理は、すき焼きや鍋などがそうです。

ヘルシーなものから豪華なものまで、多種多様です。


日本料理の代表格であるすき焼きは、カロリーは多いです。

単位としては、13単位あり、約1000キロカロリーもあります。

これに、ビールなどを飲めば、もっとカロリーが増えます。


このため、食べる単位を少なくする必要があります。

単位としては、5単位が目標です。

すき焼きは、日本料理ではカロリーが高いため注意が必要です。


すき焼きの日本料理を食べる時は、酒やごはん、水菓子などは食べない事です。

簡単に言えば、すき焼きの鍋ぐらいを食べる程度に抑える事です。


それでも、7単位ぐらいの食べる量となります。

このため、注意が必要です。


日本料理の宴会料理では、食べる単位が多い事が特徴です。

どうしても、宴会料理はカロリーが多くなります。


宴会の日本料理は、平均をして17単位です。

この中には、和菓子や水菓子などが含まれています。


このため、お酒などは飲んではいけません。

また、お菓子類も控えるべきです。


血糖値が高い人は、宴会の日本料理には注意をするべきです。

血糖値が高くならないために、日本料理を食べる時は、料理を選ぶ事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。