ビタミンの考え方

ビタミンの考え方を理解して、糖尿病の改善に取り組むべきです。

ビタミンは、人間の栄養素の潤滑油となります。


ビタミンは、人間が生きていくうえで欠かせません。

糖質を体内で利用する時には、ビタミンが必要です。


タンパク質を体内で利用する時にもビタミンが必要です。

脂質を体内で利用する時にも、ビタミンが必要です。

ビタミンには、2つのタイプがあります。


水に溶ける水溶性のビタミンがあります。

また、油に溶ける性質の脂溶性のビタミンがあります。

食品によって、含まれているビタミンが違います。


水溶性のビタミンは、調理をしますと熱や水で失われやすいです。

そのため、水溶性のビタミンを含んでいる食品は、生で食べる事です。


脂溶性のビタミンを含む食品は、カロリーが高いです。

コレステロールも高いビタミンです。


そのため、ビタミンの中では、あまり摂らない方が良いです。

うなぎの肝などがそうです。


水溶性のビタミンは、B1などがそうです。

強化米などが多く含んでいます。


また、米ぬかや酵母、小麦の胚芽などが多く含んでいます。

このような食品を普段から食べると良いです。


血糖値が高い人は、ビタミンの摂り方を考えるべきです。

血糖値が高くならないために、脂溶性のビタミンはできる限り摂らない事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。