ミネラルの考え方

ミネラルの考え方を理解して、糖尿病の改善に取り組むべきです。

ミネラルも一定量必要です。


ミネラルは、ナトリウムがそうです。

また、カリウムもミネラルです。


カルシウムもミネラルです。

鉄分もミネラルです。

ミネラルは体内の働きを維持するには必要です。


さらに、ミネラルは体内の組織を維持するためにも必要です。

ただ、必要なミネラルの量は、微量です。

そのため、どの程度のミネラルが必要か、具体的な量は考えなくて良いです。


ミネラルが含まれている海藻を普段から摂っていればよいです。

同じように、牛乳を飲んでミネラルを摂っても十分です。


また、野菜を普通に食べても、ミネラルは摂る事ができます。

バランスが良い食事をしていれば、ミネラルが足りない事はまずないです。


ミネラルと言えば、ナトリウムです。

ナトリウムの代表的なものは塩です。


塩分でミネラルを摂るには、日本人の場合は、普通に食生活をしていればよいです。

なぜなら、日本人は塩分を摂り過ぎの傾向があるからです。


一般的には、血糖値が高い人は塩分制限はないので、塩分でミネラルを自然と摂れます。

ただ、合併症で血管障害がある人は要注意です。


血糖値が高い人であっても、ミネラルは必要です。

血糖値が高くならないために、最低限のミネラルが必要です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。