脂質の考え方

脂質の考え方を理解して、糖尿病の改善に取り組むべきです。

脂質も三大栄養素の1つです。


そして、脂質は一番カロリーが高いです。

脂質は、1gあたり9キロカロリーの熱量があります。


このため、脂質は、カロリー制限をしている人は、摂り方に注意が必要です。

ある程度は脂質を摂る事を制限をする必要があります。

しかし、脂質は必要な栄養素です。


脂質は、体内では中性脂肪として蓄えられます。

そして、脂質から中性脂肪となったものが分解をして、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸となります。

脂質から作られた不飽和脂肪酸は、必須脂肪酸と言われています。


必須脂肪酸は、人間が生きてく上で必要なため、脂質は重要な栄養素となります。

ただ、体内で作る事ができないため、食物に含まれている脂質から摂らないといけません。


さらに、脂質は脂溶性ビタミンAを含んでいます。

また、脂質は脂溶性ビタミンDも含んでいます。


このため、脂質を補給をする事は欠かせないです。

このような事は意外と知られていない事です。


脂質には、油の多い肉やバター類に含まれている動物性脂肪があります。

また、ごま油、サラダ油などの植物性油という脂肪があります。


両者の脂質は、全く性質が違います。

動物性脂肪はコレステロールが多いです。


このため、動物性脂肪は、動脈硬化のある人や血液のコレステロールが高い人は、あまり摂らない方が賢明です。


血糖値が高い人であっても、脂質は摂る必要があります。

血糖値が高くならないために、最低限の脂質が必要です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。