糖質の考え方

糖質の考え方を理解して、糖尿病の改善に取り組むべきです。

糖質は、炭水化物で摂取をします。


糖質を摂りますと、食後の血糖値が上がります。

このため、血糖値が高い人は糖質をある程度制限をする人が多いです。


しかし、糖質を制限をするには、医師の栄養指導が必要です。

自分勝手に糖質の制限をするとリスクが大きいです。

そのため、糖質を制限をする時は注意が必要です。


糖質を制限をする時は、理想体重を計算をして、一日のエネルギー量を決めます。

そして、一般的にはエネルギーの約半分を糖質を含んでいる炭水化物で摂ります。

このような糖質の制限の理論があります。


ただ、糖質が含まれている炭水化物の摂取量は、個人差があるのです。

これは、服用をしている薬や分量によって、糖質を摂る量が変わります。


このため、血糖値が正常になるような糖質の摂取量を知る事が必要です。

一日の糖質の摂取量が50gは必要であると言われています。


しかし、1型の患者の人は、糖質を最低30グラムの摂取で生活をすることを勧めている人がいます。

これでは、計算が合わない可能性が高いです。


昔は、糖質をできる限りとらせない療法が推奨されていました。

そして、療法の考え方はそれだけではありません。


糖質を摂らない代わりに、脂肪をたくさん摂るようにしていたのです。

このため、カロリーをたくさん摂るように指導をしていました。

現在の医学の知識で考えると、恐ろしいことです。


人間の健康を保つには、糖質は必要です。


血糖値が高い人は糖質を極端に制限をしてはいけません。

血糖値が高くならないために、最低限の糖質が必要です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。