標準体重とカロリー

標準体重とカロリーを計算して、糖尿病の改善に取り組むべきです。

標準体重は、身長にふさわしい体重です。


標準体重は、一般的に25歳前後の体重が適しています。

そのような考えで標準体重を理解します。


また、標準体重にはいろいろな計算方法があります。

通常は標準体重の計算は、身長から100の数字を引きます。

そして、計算をして出した数字に0.9を掛けるのが標準体重となります。


この標準体重の10%の上下の数字が、正常と判定をします。

標準体重から10%以上低い場合は痩せすぎです。

標準体重から10%以上高い場合は、太り過ぎです。


標準体重が分かりましたら、一日のカロリー量を計算をします。

軽い作業をしている人は、標準体重×25〜30キロカロリーです。


このように、標準体重を基準として、一日のカロリー量を計算をします。

標準体重が60キロの人は、一日のカロリー量は1800キロカロリーです。


このようにして、標準体重を割り出す事で、自分に必要がカロリーが計算をできます。

そして、食事療法に取り入れるのです。


労働が激しい人は、標準体重が軽くても、カロリーを摂る必要があります。

重労働者の場合は、かなりのカロリーを摂る必要があります。


また、妊娠中の人もかなりのカロリーを摂る必要があります。

授乳中の人もかなりのカロリーを摂る必要があります。

このような事を意識して標準体重を考える事です。


もし、標準体重より軽ければ、余分なカロリーを摂る必要が無いです。


血糖値が高い人は標準体重を計算をするべきです

血糖値が高くならないために、標準体重に見合ったカロリーを摂る事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。