ピル

ピルの副作用を知って、糖尿病の改善に取り組むべきです。

ピルは、女性ホルモンを混ぜているものです。


ピルには、いろいろなタイプのものがあります。

エストロゲンの含まれている量によって、ピルのタイプは違います。


高用量ピルは、エストロゲンが51μg以上です。

中用量ピルは、エストロゲンが50μgです。

低用量ピルは、50μg以下です。


最近の主流のピルは、低用量タイプです。

副作用があまりないタイプのピルです。

そのため、ピルを使う上で体に負担が少ないです。


日本で販売されているピルは、9種類の物が販売されています。

すべて低用量ピルです。


ピルを服用する時は、医師の処方箋が必要です。

自分で薬局に行って、ピルを勝手に購入する事はできません。

正式な医師の診察を受ける必要があります。


ピルを使うときに、血糖値が高い人は注意が必要です。

副作用によって、血糖値が非常に高くなる可能性があります。


このため、ピルを使うときは、血糖値が高い人は、前もって医師に伝える事が必要です。

慎重に利用をする事が必要です。


ピルには、プロゲストーゲンが含まれています。

プロゲストーゲンによって体内のインスリンが機能を低下するのです。

このような事があるためと、ピルを利用する時は注意が必要です。


ただ、すべてのピルが血糖値が上がるというわけではありません。

血糖値が上がるのは、高用量ピルを使った時と研究では出ています。


このため、低用量ピルを使うときは、あまり影響がないと言われています。

実際に、日本の臨床試験では、血糖値の上昇は確認されていません。

このため、あくまでも慎重に利用することを勧める方針となっています。


ピルを使うときは、医師の処方箋が必要です。

高用量ピルを使いますと、血糖値が高くなる可能性があります。


血糖値が高くならないために、低用量ピルを利用する事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。