膵臓

膵臓の仕組みを知って、糖尿病の改善に取り組むべきです。

膵臓は、あるホルモンを分泌しています。


これは、膵臓から出るインスリンというホルモンが血糖値をコントロールしています。

膵臓が正常であれば、血糖値は正常の状態となります。


しかし、インスリンが少なくなったりすると、血糖値が高くなります。

そのため、膵臓の役割は非常に大きいです。

膵臓が正常でなければ、血糖値が高くなるのです。


一般的に食事をした後は、血糖値が上がりますので、膵臓からインスリンが出ます。

膵臓から分泌されるインスリンで血糖値を下げようとするのです。

ただ、膵臓に問題がありますと、高血糖の状態となります。


膵臓から分泌されるインスリンの機能が衰えているケースがそうです。

また、膵臓からインスリンが出ても、血糖値を下げる効果が悪くなっていることもあります。


膵臓の調子が良くなければ、血糖値が上がります。

また、膵臓は食事をしたものを消化する機能があります。

このような機能は、すい液の働きによって、作用します。


膵臓から分泌されるすい液は、多くの消化する力があります。

そのため、膵臓から出るすい液で、タンパク質や炭水化物を分解します。


また、膵臓から出るすい液で、胃酸を中和したりします。

このような大切なホルモンを分泌します。


膵臓は、身体のどの場所にあるかといえば、胃の真下です。

胃と小腸との間に収まっています。

そして、膵島という細胞を分泌しています。


膵臓の内部には、膵島はたくさんあります。

約100万個も膵島が膵臓の内部にあります。

ただ、膵島をすべて集めても膵臓の約1%程度しかなりません。


膵臓の内部にある膵島は、約80%がインスリンの細胞です。

いわゆるベータ細胞です。

このような細胞が正常であれば、血糖値が正常になります。


このため膵臓は、非常に重要な器官です。

膵臓の状態を良くすることが、血糖値を高くしない方法です。


血糖値が高くならないように、膵臓の健康に注意をする事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。