加齢

加齢による事情を知る事で、糖尿病の改善を考える事ができます。

加齢が進むと、血糖値が高くなる可能性が高くなります。


加齢というのは、人間が生きている限り避けられない事です。

しかし、加齢によって高齢者になりますと、血糖値が高くなる人が多いです。


一般的に、高齢者で血糖値が高い人はパーセンテージで約15%と言われています。

これだけでは加齢によって、血糖値が高くなっている現実が分からないかもしれません。

しかし、血糖値が高い人の約40%が、加齢が原因です。


加齢が原因であると言えるのは、治療を受けている人が高齢者が多いため、加齢によって発症しやすいです。

そのぐらい加齢というのは、血糖値を上げる原因となっています。


特に、現在の日本では超高齢化社会が到来するため、加齢によって血糖値が高くなる事は注意をする事が必要です。

ただ、加齢というのは、防ぐ事ができません。


そのため、日常生活から注意をする必要があります。

そうしなければ、加齢によって、糖を代謝する機能が退化をするからです。

これは、加齢による多くの原因が複合してなります。


まず、加齢によって体脂肪が増えやすくなっています。

特に、内臓脂肪の増加は、加齢により多くの人が出る症状です。


身体の脂肪が多くなると、インスリンの標的が多くなります。

その結果、インスリンの抵抗が落ちるのです。

このような傾向が加齢によって、症状として出るのです。


また、すい臓の細胞が疲労もしてきます。

これは、インスリンの分泌が低下することに繋がります。

加齢によって、すい臓の機能が衰えるのです。


加齢によってすい臓が衰えるのは、最近の日本人では顕著にデーターが出ています。

これは、日本人の生活が欧米化をしているからです。


欧米化による食生活が、加齢によるすい臓の衰えを増長するのです。

このような事から、昔以上に加齢によって血糖値が高くなる事が多くなっているのです。

日本人の加齢による血糖値の上昇は、現代社会の表れでもあります。


加齢によって血糖値が高くならないようにするには、普段からの自己管理をする事が必要です。

そのためには、食べ過ぎなどを注意して、適度に運動をする事です。

そうする事で肥満になる事を防ぐ事ができます。


加齢は、生きている限り、防ぎようがありません。

しかし、加齢によって、身体の衰えを防ぐ事は可能です。


血糖値が高い人は、加齢による内臓の機能の衰えを自覚するべきです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。