日本人の体質

体質を理解する事で、糖尿病の改善を考える事ができます。

日本人の体質は、血糖値が高くなりやすいです。


このように体質に関しては、認知をしていることが重要です。

そして、医学的にも日本人の体質は、糖尿病になりやすい事が実証されています。


まず、1型の糖尿病になる確率があります。

日本人の体質ではなりにくいです。

しかし、欧米の白人の体質ではなりやすいです。


体質の違いを考えても、数十倍以上も欧米の白人の体質の人は発症しやすいです。

このような体質は、俗にいうインスリン依存型です。


そのため、体質的に血糖値のコントロールが自分で難しいです。

このような体質の人は、インスリンを注射する必要があります。


このような意味では、日本人はインスリンを打つ人が圧倒的に少ないです。

これは明らかに日本人の体質によるものです。

このため、自分で血糖値をコントロールできる可能性が高い体質と言えます。


しかし、2型糖尿病に関しては、日本人の体質は非常になりやすいです。

特に、食生活の変化で約40倍も患者が増えているので、血糖値が高くなりやすい体質といえます。


これは、食生活が関係していると言えます。

しかし、欧米人の白人に比べて、圧倒的に血糖値が高くなりやすいです。

例え、欧米人より肥満の度合いが少なくても、発症しやすい体質なのです。


このような現実があるのは、いろいろな説があります。

日本人は、第二次世界大戦後まで、慢性的な飢餓の状態でした。

そのため、体質として穀物を中心とする食生活を受け入れるようになっていました。


このため、日本人の体質は、カロリーの摂り過ぎには処理ができないようになっています。

逆に言えば、少ないカロリーの摂取で生きられるのです。


このような体質の日本人が、戦後の食生活の変化に対応できないのです。

そして、カロリーの摂り過ぎや栄養のバランスが変化をすると、血糖値が上がりやすい体質となっているのです。

日本人の体質は、飽食時代に適合できていないと言えます。


日本人の体質が原因である事は、日本人と欧米人である白人のハーフの統計でも分かります。

日本人のハーフは、欧米人である白人の数倍は、血糖値が高くなります。

このような現実がある事を理解する事です。


日本人の体質は、変える事ができません。

しかし、体質に見合った生活をすればいいのです。


血糖値が高い人は、日本人の体質の特性を知るべきです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。