お酒の飲み過ぎ

お酒を飲む事を抑える事で、糖尿病の改善が自然とできます。

お酒は、全く飲まないほど徹底をしなくても良いです。


これは、お酒は百薬の長と言われるぐらい、適正な量を飲めば健康に良いからです。

そのため、お酒を断酒するほど、徹底する必要が無いのです。


ただし、少量のアルコールを飲むことが健康に良いのです。

当然、お酒の飲み過ぎは、ほとんどの病気を発症させ悪化させます。

もちろんお酒を飲み過ぎると血糖値が上がる可能性が高くなります。


しかし、お酒を少量飲むことは、本当に健康に良いので、血糖値が高い人であってもお酒を飲むことはできます。

では、どの程度のお酒の量であれば、飲む事ができるのでしょうか?


一般的に1日30mlのアルコールの量のお酒であれば、健康に良い効果が現われやすいと言われています。

これをお酒に換算をしますと、大体以下の通りです。


ビールは大瓶1本までです。

ワインは、お酒の量としてグラス一杯までです。

ウイスキーは、お酒の量として、水割り2杯までです。


これが基準となります。


少量のお酒を飲むことは、ストレス解消にもなり、人間関係も良くなります。

そのため、現代社会ではお酒を飲むことは当たり前の事です。


しかし、当然これ以上の飲み過ぎはいけません。

特に、糖尿病の人は要注意です。

これはお酒を飲み過ぎると脱水症状になるからです。


脱水症状になりますと、血液がドロドロになります。

この状態になりますと、多くの深刻な合併症を引き起こす原因となるのです。

もし、お酒を飲み過ぎると、この脱水症状になるのです。


なぜなら、お酒には利尿作用があります。

そのため、たくさん飲むほど水分を外に排出しようとします。


その結果、お酒をたくさん飲むとトイレに行きたくなります。

これは、お酒を飲むとトイレで排尿をして、身体の水分がたくさんなくなります。

結局、お酒を飲み過ぎると血液の流れが悪くなるのです。


お酒を飲み過ぎて水分を補給しなければ、脱水症状となります。

このような状態は、非常に身体に負担を掛けます。

そのため、アルコールの摂り過ぎには注意をする事です。


お酒というのは、少量であれば健康に良いです。

しかし、お酒の飲み過ぎは要注意です。


血糖値が高い人は、お酒は少量に抑えるべきです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。