遺伝

遺伝で発症をした人は、糖尿病の改善を考える事です。

遺伝は、たくさんの病気に関係をしています。


遺伝というのは、多くの事を子孫に伝えます。

医学的には、遺伝によって血糖値が高くなる可能性が高いと言われています。


両親が血糖値が高いと、その子供は遺伝として、約50%の確率で血糖値が高くなります。

また、片方の親が血糖値が高いと、その子供は遺伝として、約30%の確率で血糖値が高くなります。

このため、遺伝によって、血糖値が上がる可能性が高くなるのは事実です。


しかし、遺伝と言いましても、病気が遺伝をするわけではありません。

あくまでも体質が遺伝をするのです。


これが、遺伝と血糖値が高くなる事に因果関係がハッキリしないところです。

ただし、このような事が事実であっても予防をする事は可能です。

生活習慣が規則正しければ、十分予防できます。


遺伝によって、血糖値が高くなりやすい体質であっても、毎日の食事を気を付けるだけで随分と違います。

適度に運動をしたり、ストレスを異常に溜めないようにするだけで、健康的な日常生活が送れます。

これが予防に繋がるのです。


一説には、遺伝を原因と考えるより、食習慣を原因と考える人がいます。

これは、血糖値が高くなる食習慣が、遺伝という形で子孫に伝わるのです。


基本的に、血糖値が高い人でお菓子が好きな人は、その子供もお菓子が好きな傾向が強いです。

そして、その家庭にはお菓子が常にある状態になる事が多いです。

このような習慣が、遺伝をすることで、子孫に血糖値が高くなる事が多いのです。


そのため、血糖値が高くならない食習慣をすればいいのです。

現在、血糖値が高い人は、自分の食習慣を変えるだけで随分と違います。

このため、遺伝の原因というのは、食習慣の遺伝と言えます。


あくまでも遺伝というのは、血糖値を高める確率が高いという事です。

絶対的に、高くなるわけではありません。


このようなことから、遺伝を怖がる必要が無いです。

なぜなら、病気が遺伝するわけではないからです。

遺伝を考える時は、体質を考える事がポイントです。


もし、血糖値が高くなる遺伝があると感じている人は、一度自分の生活習慣を変える事です。

これだけで、随分と違います。

子供の頃の生活習慣を直す事で、血糖値が良くなる事も十分あります。


遺伝というのは、血糖値を高くする生活習慣を作り出す事があります。

このため、体質の遺伝を自覚する事が必要です。


血糖値が高い人は、生活習慣の遺伝を考える事です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。