虫歯

虫歯は病気を悪化させるので、糖尿病の改善をするべきです。

虫歯は、必ず治療をする必要があります。


なぜなら、虫歯は自然に治る事が無いからです。

そして、血糖値が高い人は、虫歯を早く治す必要がある理由があります。


虫歯は、口の中に存在をする細菌が原因でなります。

細菌が、歯についている歯垢や食べかすをエサとして増えていきます。

その結果、歯が溶ける症状が出るのです。


虫歯が悪くなるスピードは、個人差があります。

生活環境や体質によって、虫歯が悪くなるスピードは違います。


しかし、血糖値が高い人が虫歯になると悪化をするスピードが速いです。

一般の人の約3〜5倍のスピードで虫歯が悪化をします。


これは、血糖値が高い人は、身体の抵抗力が弱っているので、虫歯が悪化しやすいのです。

このため、虫歯に気付いた時は、かなり症状が進行をしている時が多いです。

歯の象牙質まで溶かされた状態で気づく事が多いです。


このまま放置しておくと、厄介なことになります。

歯を支える歯槽骨や神経まで溶ける事があります。


そうなりますと、虫歯の症状としては深刻です。

歯が抜け落ちたりします。


また、ここまで虫歯が悪化をしていると、食事をしても味が分からない時があります。

このような状態になると、治す事ができません。

そのため、早く虫歯を治療する事が必要です。


もし、ここまで虫歯の進行が進んだまま放置をしていますと、大きな悪影響を発症させる危険性があります。

虫歯の痛みによって、食生活が変わるからです。


簡単に咀嚼ができない食事をしないようになります。

そうなりますと、食事のスピードが速くなり、血糖値が上がるようになるのです。


虫歯を甘く見てはいけません。

虫歯になったら早く治療をするべきです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。