腎盂炎

腎盂炎になる事がありますので、糖尿病の改善をするべきです。

腎盂炎は、膀胱から尿が逆流をする症状です。


腎盂炎は、膀胱炎と密接な関係があります。

膀胱炎から炎症が進行をすると、腎臓に炎症が発生して腎盂炎となります。


腎盂炎になる時には、腎臓に炎症を発症していますが、このような事は一般的にないです。

ただ、一般的に呼び方が違う時があります。

最近で炎症を起こすのが腎盂炎です。


一般的には、片方の腎臓だけが炎症を起こしているのが、腎盂炎です。

腎盂炎の症状は、膀胱炎より強いです。

まず、腎盂炎を発症しますと、40度近くの高熱の症状が出ます。


さらに、腎盂炎の症状は、悪寒が出ます。

腎盂炎の症状である悪寒は、歯がガチガチなったり、体が震えるほどのものです。


腎盂炎を発症しますと、このような症状が突然発症します。

また、腎盂炎を発症した時の発熱は、非常に特徴的です。

午前中は、熱が下がっています。


しかし、午後になると高熱が出ます。

このような症状が良く見えるのです。


腎盂炎には、痛みも感じる時があります。

背中や腰に鈍痛を感じます。


腎盂炎を発症している時は、腎臓が炎症をしているため、むくむのです。

腎臓がむくみますと腎被膜が張るのです。

このため、医師が腎盂炎の診察をする時は、背中を弱く叩きます。


そして、腎盂炎によって、背中や腰に痛みが無いか、調べるのです。

このようにして、腎盂炎を診断します。


腎盂炎は、最近による感染が原因であるため、治療には抗生物質を使います。

約1週間、薬を服用し続けます。


腎盂炎が悪化しますと、腎不全を起こす可能性があります。

このため、腎盂炎を発症した時は、早めの治療が不可欠です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。