低血糖昏睡

低血糖昏睡になる事がありますので、糖尿病の改善をするべきです。

低血糖昏睡は、血糖が極端に少なくなると発症します。


これは、インスリン注射や内服薬の治療中に低血糖昏睡を発症する事があります。

1番、低血糖昏睡を発症しやすい時は、治療剤と食事のバランスが取れない時です。


低血糖昏睡を起こす時は、インスリン注射や内服薬を飲んでから、食事までの時間が随分と空いた時です。

また、食べる食事の量が少ない時にも低血糖昏睡になります。

激しい運動をした後にも低血糖昏睡になる時があります。


それ以外にも、薬の量が多くなった時に低血糖昏睡を発症します。

さらに、下痢が続いた時にも低血糖昏睡になる時があります。

徐々に運動量が増えた時にも、低血糖昏睡を発症する事があります。


低血糖昏睡の症状は、初期症状があります。

低血糖昏睡の初期症状として、イライラしたりゾクゾクしたりします。


そして、強い空腹感を感じるのが低血糖昏睡の症状です。

また、低血糖昏睡を発症した時は、頭痛や冷や汗が出て、めまいがしたりします。

そして、吐き気や腹痛を起こします。


そして、意識がもうろうとなるのが低血糖昏睡です。

このような症状は、インスリンや内服薬の治療の両方で起きます。


低血糖昏睡は、意識がある時に尿の検査をしますと、尿糖は陰性と出ます。

これがケトン性の場合は、強陽性です。


低血糖昏睡の治療は、自分の体調がおかしいと感じたら、すぐに対処をする事です。

まず、角砂糖、砂糖水、ジュースなどを摂取します。

一般的な低血糖昏睡の前の状態では、これで良くなります。


そして、低血糖昏睡になる前に、医師の処置を受けます。

低血糖昏睡の治療は、すぐにすることが重要です。


低血糖昏睡は、医師の処方によりブドウ糖を服用したり、注射をすると、数分で回復をします。

そのため、素人判断で放置をしない事が原則です。


インスリンや内服薬の量を勝手に変えると、低血糖昏睡になる可能性があります。

低血糖昏睡を発症すると、非常に危険です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。