膀胱炎

膀胱炎になる事がありますので、糖尿病の改善をするべきです。

膀胱炎は、女性に多い病気です。


膀胱炎は、大腸菌などが原因で発症します。

いろいろな細菌が原因で炎症を起こして、膀胱炎となります。


血糖値が高い人は、身体の免疫が落ちている人が多いため、膀胱炎になりやすいです。

膀胱炎になりますと、症状として頻尿が見られます。

膀胱炎を発症しますと、1日、10回以上トイレに行くことも珍しくありません。


膀胱炎は、女性の50%以上の人が経験をしています。

そのため、膀胱炎は一般的な病気であります。


女性に多い原因は、尿道が短いためです。

さらに、尿道が肛門に近いため、膀胱炎を発症しやすいです。

このため、非常に不快に感じる時もあります。


膀胱炎の症状がひどくなりますと、排尿をする時に痛みがあります。

この痛みが強くなりますと、相当症状が悪化をしています。

また、残尿感が残るのも特徴的な症状です。


さらに、膀胱炎が悪化をしますと、白い尿が出ます。

そして、血尿まで出るようになるのが、膀胱炎の症状です。


そのような状況の膀胱の状態では、熱が出る事もあります。

高熱が出る事はありません。

だいたい、38度以下の熱が出ます。


尿が溜まっていながら、排尿ができない時もあります。

さらに、尿が溜まって下腹部が膨らむことがあり、膀胱の特徴的な症状です。

膀胱炎は、血糖値が高い人は、自律神経の障害で発症をします。


一度、膀胱炎を発症しますと、治療は厄介です。

まず、尿をできる限り溜めないようにする事です。


そのような事をする事で、膀胱炎の発症する原因を無くすことができます。

膀胱炎になっている時は、尿に細菌が存在しています。

そのため、排尿を頻繁にする事で、尿の中の細菌を外にだし、膀胱炎を解消します。


膀胱炎によって、残尿が常に残っている状態になりますと要注意です。

古い尿が溜まっていますと、細菌がずっと溜まっていることになります。

そうしますと、細菌を無くすことができなくなります。


その結果、膀胱炎が悪化をして、腎症が発症をする時があります。

このため、膀胱炎を軽く見ますと、合併症を併発する事になります。


血糖値が高い人は、膀胱炎になリやすい事を自覚するべきです。

まずは、膀胱炎を発症しないために、血糖値を下げるべきです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。