緑内障

緑内障になる事があるので、糖尿病の改善をするべきです。

緑内障は、血糖値が高い状態が続きますと発症する事があります。


緑内障は、目の眼圧が高くなります。

その結果、緑内障によって、視神経が障害を受けます。


そして、緑内障が原因で視力が落ちます。

また、緑内障の症状によっては、視野が狭くなります。

血糖値が高いと、緑内障を発症する可能性があります。


緑内障は、最悪のケースでは失明の可能性もあります。

このような事から、緑内障を発症しますと、非常に危険です。


眼圧が高くなる意味の眼圧とは房水に一定の圧力がかかっていることです。

緑内障は、この圧力が高くなります。

この圧力が高くなる前に、網膜症を発症します。


網膜症が進行をしますと、緑内障になる可能性が高くなります。

網膜症が進行しますと、脆い血管が作られます。

この血管を新生血管と呼びます。


新生血管ができると房水が排出する部分を塞ぎ、そのために眼圧が高くなり、緑内障を発症します。

このような緑内障を、血管新生緑内障と言います。


厄介な事に、神経障害がありますと、緑内障が発症していることを気付かない可能性があります。

その時の症状としては、視力が低下をしていたり目の激痛があります。

しかし、神経障害により、その症状に気付かないのです。


そのため、血糖値が高い人は、目の異常を感じたら、すぐに医師に診断をしてもらうべきです。

これは、緑内障を発症している可能性があるからです。

緑内障が発症して、手遅れになり失明をしないためにも、注意をする事が必要です。


緑内障の治療には、まず、血糖値を安定させることが必要です。

それには、基本的に糖尿病の改善をする事です。


もし、緑内障が相当進行をしますと、血糖値のコントロールをしなければ治療もできません。

このような状態の緑内障の治療には、手術をする以外方法がありません。

それ以外の状況では、緑内障により眼圧が上がっている時は、薬を使って下げます。


緑内障の治療には、点眼薬なども使われます。

さらに、硝子体手術なども行われています。

最近ではレーザー治療もおこなわれています。


緑内障によって、脆くなった血管をレーザーで焼くのです。

しかし、緑内障の治療として手術をする事やレーザー治療をする時は、血糖値が安定をしていることが必要です。


このため、緑内障の治療は、まずは、血糖値を安定させることです。

そうしなければ、命を失うことはないですが、失明をする可能性があります。


緑内障を発症しないように、血糖値をコントロールする事は重要です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。