神経障害

神経障害は糖尿病を改善しない事により、合併症として発症する恐れがあります。

神経障害は、血糖値が高い状態を放置していますと、発症する可能性がある合併症です。


神経障害は、三大合併症の1つです。

これは、非常に厄介な合併症です。


神経障害は、大変多くの人が経験をする合併症です。

神経障害によって、知覚と自律が障害を受けます。

自覚症状がハッキリとあり、治療をしない人が、多く発症します。


神経障害になる理由は、血液の流れが関連しています。

糖分が多い血液が流れます。

そうしますと、毛細血管に栄養が伝わりにくいです。


その結果、神経障害が発症し、このような事を防ぐために治療が必要です。



神経障害が発症しましすと、知覚神経に障害が出ます。


これは、神経障害による怖い病気の発症につながる可能性があります。

放置をしていますと、知覚の神経が鈍くなります。

知覚の神経が鈍くなった神経障害を発症していますと、痛みなどに神経が鈍感になります。


神経障害によって、痛みに神経が鈍感になりますと、他の病気による痛みに気付きにくくなります。

その結果、他の病気が進行していることが分かりにくいのです。

何か病気が発症している時は、痛みが伴うことが多いからです。


正常な人の場合は、病気になった場合は、痛みなどを感じたら、病院に行きます。

しかし、神経障害が発症している人は、痛みを感じにくいため、病院に行かない事が多いのです。

そのため、病気が相当進行してから、自分が病気であることを自覚します。

この時は、相当病気が悪化していて、足が壊死して、切断をする必要がある事もあり、このような事を考えますと、神経障害というのは怖い合併症です。


知覚の神経障害の症状は、分かりやすいです。

足の指がジンジンしたりチクチクしていれば、神経障害が疑われます。

また、ピリピリした感覚やビリビリする感覚も要注意です。


知覚の神経障害は、病気やケガをした時は、悪化させる可能性が高いです。


知覚の神経障害が発症しないように、治療は重要です。


知覚の神経障害は厄介ですので、治療は必要です。

しかし、自律の神経障害は、それ以上に厄介です。


自律の神経障害は、自分の身体の調整を狂わす事になるからです。

この症状になりますと、いろいろな身体の臓器や血管の調整が狂います。

自律の神経障害では、日常生活を送る事が大変になります。


自律の神経障害になりますと、いろいろな症状が出ます。

立ちくらみや汗の異常などが、発症します。

また、胃がもたれたり、下痢や便秘がひどくなります。

さらに膀胱障害も発生し、血糖値にも異常がみられるのが自律の神経障害です。


神経障害は、症状を発症させない事が重要です。

そのためには、治療を積極的にすることです。

自覚症状がハッキリと出るため、大変分かりやすいです。


神経障害は、治療と検査を受けなければ、深刻な状態を引き起こす事もある合併症です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。