敗血症

敗血症になる事があるので、糖尿病の改善は必要です。

敗血症は、高血糖の状態を放置していますと発症する事があります。


敗血症は、非常に危険な状態です。

もし、敗血症になりましたら、緊急的な治療が必要です。


まず、敗血症にならないよう事を心掛けることです。

そのぐらい、敗血症は、危険な病気です。

ただし、血糖値を下げれば、敗血症を発症するまで症状が悪化しません。


敗血症は、血液の細菌感染症です。

敗血症になる時は、身体の病気の部分から、血液の中に病気の菌が出ています。


そのまま、放置をすると死ぬこともあります。

敗血症は、細菌が原因の感染症としては、一番重い病気です。

そのため、いろいろな疾患が原因で発症をします。


敗血症になる原因としては、肝臓疾患や腎疾患の人が多いです。

また、未熟児や高齢者の人も発症する事があります。

さらに、手術を受けた後に発症する事もあります。


また、敗血症を発症する人は、白血球が減っている人が多いです。

それ以外でも、薬による治療を受けていて、抵抗力が落ちている人が敗血症になりる時があります。

敗血症は、感染力に対して抵抗力が落ちている時に発症しやすいです。


敗血症は尿路感染もあり得ます。

また、呼吸器感染もあります。

腹膜炎によっても、発症します。


感染に対する抵抗力が落ちないように、血糖値を下げる事です、


症状としては、悪寒を伴う発熱が一番多いです。

重症の敗血症の場合には、体温が逆に低くなる事もあります。

また、血圧が低下し意識障害が起こる敗血症のショック状態になる時もあります。


敗血症になりますと、多臓器障害を起こす時もあります。


敗血症を発症しますと、多くは白血球が増加をします。

また、敗血症の検査をしますと、CRPが上昇している時が多いです。

しかし、敗血症の検査をして、白血球が減っている状態の時もあります。


敗血症になりますと、臓器が障害を受ける時があります。

肝機能障害や腎機能障害が発症する時があります。

さらに、血液が固まりにくい状態になっている時もあります。


このような時は、敗血症の合併症としてDICを併発している時もあります。

このように敗血症は、多くの合併症を引き起こす事があります。


敗血症の治療は、強い薬を使うことが不可欠です。

そのうえ、多くの治療方法を同時に行わないといけません。


敗血症を発症しないように、血糖値を下げる必要があります。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。