壊疽

足が壊疽をする事が糖尿病を改善しない時に起こり得ます。

壊疽は、高血糖を放置していますとなる事があります。


壊疽は、足に発症します。

そして、壊疽になりましたら、足を切断をする時もあります。


このため、壊疽にならないように注意をする事が必要です。

壊疽というのは、非常に怖いのです。

しかし、血糖値を下げる事で、壊疽になる可能性がほとんどありません。


壊疽は、足の火傷や水虫などで感染症が悪化してなります。

壊疽になる前提として、皮膚が化膿をします。


皮膚が化膿をしますと、そこから症状が悪化をしますと大変です。

皮膚の下の組織の細胞が死んで、腐るのが壊疽です。

そして、さらに悪化をしますと、骨が腐ります。


壊疽の状態になりますと、足の末端が紫色や黒色に変色します。

さらに、そのままにしていますと、足の全体に広がります。

もし、治療をしなければ、足を切断しなければなりません。


また、敗血症を併発する時もあります。

敗血症になりますと、命を落とす時もあります。

このような事から、壊疽になる事は怖いのです。


そのため、血糖値を下げる事は必要です。


壊疽の原因は、大きく分けて3つあります。

まず、血管障害が原因である時があります。

これは、血糖値が高いために動脈硬化が発生するのです。


動脈硬化になりますと、血液の流れが悪くなります。

そうしますと、白血球の成分が少なくなり、壊疽になりやすくなります。

少しでも足に傷ができますと、壊疽になりやすい状態となります。


神経障害によって、壊疽になる事もあります。


これは、神経の障害により、壊疽を発症しやすくなります。

壊疽は、足に傷がつくとなりやすいです。

壊疽の原因となる足の傷がついていることを、神経の障害で気づかない事があるのです。


そのため、足の傷に気付かないで壊疽となるのです。

神経障害になりますと、自分の感覚が鈍るので厄介です。

このような事を自覚する必要があります。


また、免疫力の低下により壊疽になる事があります。

これは、細菌に感染しやすい状態であるため、壊疽になりやすいのです。


壊疽を発症する事は危険です。

このような事実を知る事が必要です。


壊疽にならないように、血糖値を下げる必要があります。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。