蜂窩織炎

糖尿病の改善をしなければ、蜂窩織炎になる時があります。

蜂窩織炎は、血糖値が高いとなる事があります。


蜂窩織炎は、皮膚の真皮から皮下脂肪まで、細菌が感染する事で発症をします。

蜂窩織炎は、別名がある病気です。


蜂窩織炎は、感染症であるため、何回も蜂窩織炎を感染をする事があります。

自分の体の免疫力が低下をしている時は、注意が必要です。

そのため、血糖値を下げる事は重要です。


蜂窩織炎は、自分の体力や免疫力が低下をしていて、それに伴って蜂窩織炎を感染をする事が多いです。

このような事から、免疫力の低下を防ぐためにも、治療をする事が必要です。


そうする事で、蜂窩織炎を発症しにくくなります。


蜂窩織炎は、黄色ブドウ球菌が感染して発症します。


感染する時は、毛穴や傷口から皮下脂肪に感染をします。

また、傷口が無くても感染をする事があるため、原因がハッキリとしないのが蜂窩織炎です。

ただ、一般的に、下肢からの感染が多いです。


下肢からの蜂窩織炎の感染は、水虫が原因であることが多いです。

足の指の間にできた水虫で作られた傷から細菌が感染して、蜂窩織炎が発症する事が多いです。

このような事が原因になりますので、免疫力が低下しないように、治療をすることです。


蜂窩織炎の症状は、広い部分が赤くなります。

さらに、硬くなって腫れます。

また、熱を感じ痛みもあります。


炎症の症状が激しい時は、発熱などがあります。

そのうえ、頭痛や関節痛が併発する時もあります。

さらに、発症して時間が経ちますと、症状が悪化します。


蜂窩織炎の症状が悪化しますと、むくみがでてきます。

ヒドイ時は、膿が見える場合もあります。

素人目には、丹毒と蜂窩織炎の区別は難しいです。


蜂窩織炎は、丹毒と違い皮下脂肪が化膿をします。


蜂窩織炎の特徴的な症状ができたときは、検査をする事が必要です。


蜂窩織炎を悪化しますと入院も必要ですので、その前に治療をすることです。

治療をするだけで、発症を防ぐ事ができます。

蜂窩織炎は、悪化をしますと敗血症になる事があるため、注意をする必要があります。


蜂窩織炎を疑うときは、血液検査をするべきです。

白血球が増えており、CRPが上がっています。

膿んでいる部分を培養して、調べますと黄色ブドウ菌が発見できます。


蜂窩織炎を発症した場合は、抗生物質の投与を受ける事です。

そうする事で、蜂窩織炎を悪化させなくて済みます。


蜂窩織炎になった場合は、まずは、安静にすることです。

大切な事は、感染をしないために、自分の免疫力が下がらないように、治療をする事です。


治療をしなければ、蜂窩織炎を発症する時があります。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。