腎症

合併症がある事を理解して、糖尿病の改善を考えなければ、腎症が発症する恐れがあります。

腎症は、血糖値が高い人に、発症する可能性がある合併症です。


腎症は、三大合併症の1つです。

最悪の場合、人工透析、または、腎臓移植が必要です。


腎症は、腎臓の病気であり、早い段階で発見をすれば、人工透析などを受けるような事態を防げます。

ただし、腎症は自覚症状がほとんど無く、定期的な健診を受けずに、治療を受けずに発症する人が多いです。


このため、治療を積極的にせずに、腎症になっている事を気づかないまま、症状が悪化する人が多い現状があります。

まず、食事や運動をすることで、症状を良くする事ができます。

このような状態を腎症の正常期と言い、治療をする事に自然となります。


腎症が進行しますと、微量アルブミン尿期となります。


これは、腎症の第2段階です。

放置をしていますと、微量アルブミン尿検査によって、陽性の反応が出た状態です。

この時点で、腎症の本格的な治療が始まります。


腎症の微量アルブミン尿期の段階では、血圧も上昇します。

そのため、治療方法として、まず、血糖値のコントロールが始まります。

そして、血圧の管理も薬によって始まります。


このまま症状が悪化しますと、タンパク尿が出ます。

腎機能が悪くなり、身体にむくみも発生します。

そうしますと、血糖値と血圧の管理をする必要があり、腎症の治療のために、食事の療法が必要になります。


さらに、腎症が悪化しますと、腎不全期となります。

尿毒症や貧血など、腎症に見られる特有の症状が起きます。

ここまで来ますと、水分制限やインシュリンの治療を行うようになります。


この時点の腎症になりますと、健康が大きく害されます。


腎不全期の腎症の段階では、真剣に治療が必要です。


腎不全期の腎症になりますと、治療は当然の事ですが、血糖値や血圧も十分管理する必要があります。

それは、次の段階の透析期である腎症を発症させないようにするためです。


腎不全期の腎症から悪化しますと、透析期となります。

この症状になりますと、人工透析をする必要があります。

透析期の腎症では、生活に大きく支障が出ます。


透析期の腎症は、人工透析をします。

透析のほとんどが血液透析となります。

また、腹膜透析もあります。

一般的には、血液透析を受ける事が必要な状態の最終段階の腎症です。


腎症は、早期発見をすることが不可欠です。

治療をして検査を受けなければ、人工透析を受ける可能性すらあります。

自覚症状がほとんど無いため、軽く考えがちです。


腎症は、治療と定期検査を受けなければ、大変な事態になる病気です。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。