網膜症

網膜症が発症する恐れがあるので、糖尿病の改善をするべきです。

網膜症は、血糖値が高い人に、発症する可能性がある合併症です。


網膜症は、三大合併症の1つです。

最悪の場合、失明をする可能性があります


網膜症は、目の病気であり、定期的に眼科の検診を受けていれば、防げます。

しかし、現実的には、網膜症になる人が多く、眼科の検診や受けていない人が多いのです。


これは、網膜症を放置していることが原因で、悪化している人が多い事によります。


注意をすれば、悪化を防ぐ事ができます。

逆に言えば、治療をしなければ、網膜症は失明をする怖い病気です。


網膜症とは、目の奥になる網膜の組織が傷つけられる状態になる事です。


網膜症になる原因の一つに、血糖値が高い状態と関連します。

糖尿病の改善をしない場合で、血糖値が高い状態では、血管に負担が掛かります。

その結果、血管が傷つき網膜症となるのです。


網膜症は、段階的に進行をしていく病気です。

目の血流が悪くなり始めた状態は、初期の段階です。

しかし、自覚がまったくないです。


この段階で検査を受けていれば、簡単に見つかります。

初期の段階で、発見できれば、治療は比較的簡単です。

網膜症が悪化する前に、眼科に検診を受ける事は重要な事です。


網膜症が初期の段階から悪化をしますと、血管が詰まります。

その結果、一部に血液が流れない状態になります。

そのまま放置しますと、増殖前網膜症の状態になります。


増殖前網膜症になった場合は、視力の低下がみられます。


そのため、これ以上、悪化をしないように、検査を1〜2カ月ごとに受ける事が必要です。

増殖前網膜症は、しっかりした治療が、根本的に必要になります。


増殖前網膜症の段階では、しっかりした検査と糖尿病の改善による治療が必要です。

なぜなら、次の段階の増殖網膜症にならないようにするためです。


増殖前網膜症を放置していますと、さらに視力の低下や飛蚊症が発生します。

このような症状が出ますと、かなり病気が進行している段階です。

増殖網膜症の段階になっている可能性が高いです。


増殖網膜症は、2週間〜1ヵ月ごとの眼科の検査が必要です。

必要に応じて、超音波の検査が必要です

ここまで来るのが増殖網膜症です。


増殖網膜症は、視力の回復をするには、手術が必要な場合がある状態です。

治療をしなければ、最悪の場合は失明まで症状が悪化します。

初期の段階では症状が無いため、軽くは考えない事です。


網膜症は、治療と検査をしなければ、後悔をすることになる病気であるのが怖さです。


血糖値を下げる糖尿病の改善の方法を、こちらからご覧になれます。