糖尿病の改善をするため高い血糖値を下げる方法

糖尿病の改善をする方法として、最新の対策をご紹介します。

現在の医学では、糖尿病は一度発症すれば、
治らない病気というのが通説です。



しかし、現実的には医師もビックリする
糖尿病の改善をする方法はあります。



その糖尿病を改善する方法により、
大変多くの方が血糖値を下げる事ができ
改善できています。



実際に私の父親は糖尿病でしたが、いろいろな改善の方法を試した結果、
糖尿病を改善によって克服できました。



その改善の方法は、どのような人であっても自宅で簡単に
実践できる改善の方法です。



そして、大きな話題を呼んでいる
糖尿病の改善する方法のため、ご紹介します。

糖尿病の改善をするには、早く自覚することが難しいため早い治療には至らない

日本の国内には、糖尿病であると考えられている人数が
2200万人を超えていると言われています。
(2007年厚生労働省調査)



さらに、一年ごとに患者の数が
どんどん増えているのが現状です。



日本人は体質的に糖尿病になりやすいため、
国民病とも言われています。



そのため、自分自身が血糖値が高いことを知っても、
改善をするための治療を行っている人は、
50%以下と言われています。



このため、自分が病気であることを自覚できないで、
早い治療による改善が行われていない人が多いのです。



この現実の一番の理由は、糖尿病には、
最初の段階では「自覚症状がほとんどない。」


このような事が原因として挙げられます。



また、自分自身が糖尿病であっても、合併症のリスクや
治療するための具体的な改善をする方法が
分からない人が多いのです。



これは、糖尿病の改善に対しての知識が
不足していることも、病気の治療による
改善をしない原因となっています。



糖尿病という病気は、
自分自身で自覚症状を感じた時は、
病気は相当進行している可能性が高いです。



万が一、改善をしないで合併症が発症することになれば、
人工透析が必要になる場合もあります。



それだけでなく、最悪の場合は
足の切断や失明などの症状が起きます。



糖尿病は、改善をしなければ
自分の命を脅かすリスクが高い病気です。



このような根拠は、働いている会社で
毎年1〜2回の健康診断を受けている男性と
専業主婦のため健康診断を受けない人が多い女性を
比較しますと明確に分かります。



健康診断を受けない人が多いため、
病気を発見する事が遅れやすい女性のケースでは、
死亡原因のトップ10に糖尿病が入っています。



このような事を考えますと、現実的に改善をしないで
病気が進行した時のリスクの高さが大変よく分かります。

糖尿病の改善に、どのような理由で投薬治療を続けるのか?

糖尿病の改善をするのに、投薬治療では根本的な意味がないと考えられています。



しかし、病院で行われる改善をするための投薬治療は、
どのような意味があるのでしょうか?


「薬の治療によって、糖尿病が進むことを防げない。」

このように、東京農業大学栄養学科教授の渡邊氏は、
著書で語っています。



しかし、現実的には病院では糖尿病の改善のために、
当然の事ですが投薬治療が行われています。

なぜでしょうか?



糖尿病の患者は、日本の国内では
2200万人を超える患者がいます。



これは、別の意味で言いますと、
患者が大変多いため、全ての人が
改善をすると困る人間の存在があります。



その存在を考えますと、自然と真実が分かります。



簡単に言えば、もし、糖尿病を改善するために
治療をして完治します。



そうしますと、病院や製薬会社は2200万人を超える「優良な顧客」がなくなります。



糖尿病の患者は、病気が改善によって治らない限り、
治療による通院と薬に、多額のお金を払い続けるのです。

糖尿病の改善をする方法は、自分の力で可能です。

これからランキング形式でご紹介する糖尿病の改善の方法によって、
自分の力で糖尿病の改善を行う事ができます。



ご紹介する糖尿病の改善方法は、
医師が知らない改善の方法です。



いえ、医師が知っている
糖尿病の改善方法かもしれません。



ただ、知っていても教えようとしないだけです。




現在の医療の考え方とは全く違う、最新の正しい改善の方法で、
あなたの糖尿病を改善できます。



糖尿病を改善するのに、薬がいらない、注射もいらない、

    食事療法で血糖値を下げる方法





大変多くの糖尿病の患者を改善させた
日本の食事療法による糖尿病の改善に関する権威が藤城氏です。



藤城氏は、400人クラスの食養フォーラムを実践しており、
日本の全国で年間50回以上の講演・合宿を開いています。



実際に医師が藤城氏に相談に来ることも有名な
糖尿病を改善して克服する専門家です。




薬がいらない、運動もいらない、簡単な食事療法で、
改善の効果が早く出る人では、
実践して3日で血糖値が下がります。



糖尿病の改善の方法としては、
一般的な病院で行われている糖尿病を改善する
食事指導とは考え方がまったく違います。



しかし、どのような人であっても
簡単に自宅で実践できる糖尿病の改善の方法です。



約30年間で、ほとんどの人が血糖値を下げた実績がある
糖尿病の改善による克服法です。



近年でも、1年間で100人以上が
血糖値を驚くほど改善している方法です。



実践して90日以内に、血糖値が改善されなければ、
全額を返金してくれますので、お金を支払うリスクがないです。








藤城式の糖尿病の改善法である体験談(私の父親)



最初にお話ししましたが、私の父親が糖尿病でした。



空腹時の血糖値が250ありましたが、
藤城先生の糖尿病の改善をする克服法を、
実際に実践しました。



そうしますと、あれだけ下がらなかった空腹時の血糖値が、
多少の上下をしながら下がっていき、
現在では120になりました。



父親は、ものすごく喜んでいながら、
改善の効果に半分信じられないようでした。




井上俊彦のメディカル・イーティング(糖尿病篇)



治癒100%、再発0%にチャレンジをし続けている
井上俊彦氏による糖尿病の改善による療法です。



井上氏は自然治癒能力促進会の専務理事です。



「メディカルイーティング」により多種多様な疾病の改善に
取り組んでいます。



メディカル・イーティングは、長年の研究によって編み出された
食事による糖尿の改善の療法です。



糖尿病を筆頭に、いろいろなガン、C型・B型肝炎、白内障、脳梗塞・動脈硬化など、
循環器系の病気の患者も含めて、
大多数の人を改善にと導いている療法です。






(メディカル・イーティング)体験談(私の父親)


単純に血糖値を下げるだけに留まらず、
人工透析まで止められる先生の食事療法は、
私の父親のように糖尿病で悩んでいる人間にとっては、
勇気づけられました。



大変素晴らしいご指導でした。




ただ、私の父親が、藤城先生の糖尿病の改善をする克服法を試しましたら、
そちらの方が劇的に効果が出ました。



ご指導は感謝いたします。


γ-GTが高い方。


私の父親は、γ-GTが2012年1月6日時点で302ありました。


しかし、ある薬を飲み始めますと、約4ヶ月でγ-GTが82になりました。


その薬ヘパリーゼゴールドは、下記でご紹介していますので、
血糖値が低くてもγ-GTが高い人にもオススメです。